MINIMALISM FX

FXに関する情報を掲載していきます。

メンタル

あなたのもとに大当たりは来ない

投稿日:2017年1月5日 更新日:

FXをしていると、金銭感覚が狂ってくることがあります。

その理由のひとつに、「元手10万円でFXを始めたニートが、3か月で1000万円稼いだ」「1年で1億稼いだ」のようなセンセーショナルなニュースがあります。

こうした情報に触れると、

「そいつにできたなら、自分にだっておなじやり方でできるはずだ」

「自分だって短期でたっぷりと稼いでやろう」

と勘違いしてしまう人がいます。そして、自分の資金水準を考えたらいささか無理のある投資(投機)をしてしまいます。

でも、これは間違っています。

冷静に考えてみると、自分にも同じことが起きる可能性は限りなく小さいことがわかります。

なぜでしょうか?

  • そうした情報が手に入るのはたいていネットであり、ごく少数の人がピックアップされている
  • 儲かった人は、運や政治・そのときの経済状況がたまたま儲かる状況とマッチしていた(つまり儲かった人はラッキーだっただけ)
  • 情報が本当に正しいのかどうかわからない(アフィリエイターや証券会社の広告文かもしれない)
  • そもそも自分を過大評価している

相場において確実なことは何もなく、まぐれ当たりが連発して起こることはめったにないのです。

 

相場参加者の多くが、「自分は必ず儲かる、自分には必ずラッキーが訪れる」と考えています。

しかし、継続的なリターンを上げるには、つまり他のトレーダーたちと一線を画すには、「自分にはラッキーは来ない」「一歩一歩進むしかない」「自分は必ず損をする」と考えることが重要なのです。

これは決して悲観的であるということではなく、現実的であるということです。相場では現実的でない、浮ついた人から順に退場していきます。

「勝者は希望を売り、敗者は希望を買う」

とは『デイトレード』の言葉ですが、これは至言です。

僕たちがやるべきことは、やや冷めた視点をもって、相場に存在する欲望を観察することなのです。

 

 

終わり!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-メンタル

執筆者:

関連記事

no image

「FXに経済学は必要なのか?」という質問に答えてみる

FXに経済学は必要でしょうか? 僕も、初心者の頃、こういう疑問を持ったことがありました。 結論から言えば、必要ありません。長期であれば、若干の知識はあった方がいいのかもしれませんが、短期での売買なら全 …

no image

FXで初心者から中級者になった人が意識すべき3つのこと

誰も書かないので、僕が書くことにしました。   相場との向き合い方がわかってくると、大損をしたりすることが無くなってきます。 そんな時期にいる人が逆に陥り勝ちなのが、   相場に対 …

no image

投資において外部要素にとらわれない重要性について

FXで「メンタルが大事だ」と聴くと、内側ばかりに目が行きがちですが、外部要素にも意識を向けた方がよいでしょう。 身の回りをきれいにする ドリームキラーや厄介者を近づけない 健康 食事 FXをギャンブル …

no image

「毎月の収支をプラスで終える」のが簡単である理由

FXを初めて半年ぐらい経ったとき、2chや投資関連のサイトで「FXを始めて半年でようやく勝てるようになった」という記事をよく見かけました。当時勝てていなかった僕は、「どうしてだろう? 自分もFXを始め …

no image

FXトレードをしているときに冗談でぼくがよくやること

FXで負けが重なると 「あー、俺ってFXの才能がないなあ」 「FXなんてやっぱり投資じゃなくてギャンブルだわこれ」 「相場がよくわからない・・・」 「上がるか下がるかなんてわかるわけない」(もちろんわ …