MINIMALISM FX

FXに関する情報を掲載していきます。

思考法

あなたがFXトレーダーに向いているかどうか試してみる

投稿日:

USD/JPYで現在の価格が1ドル=106.45円だとしましょう。つい2日前までは1ドル=105.12円でした。数日間にわたって続いた膠着状態を抜け、強い上昇トレンドができています。ツイッターや2chを覗いてみると、「このまま今日中に107円を突破しそう」だという意見があふれかえっています。新聞やニュースでも円安の動きについて報道がされました。

さて、あなたは現在買いポジションを持っています。取るべき選択肢として次の2種類を想定しています。

  1. このまま107円まで上昇すると判断してポジションを持ち続ける
  2. そんなに簡単には107円に到達しないとして、一部あるいは全部のポジションを決済する

あなたはどちらの選択肢を選ぶでしょうか?

 

 

マジョリティは常に間違う

この質問に1を選んだとしたら、トレーダーとして反省した方がいいでしょう。あなたの行動が大衆と同じだからです。相場はそう簡単には動きません。ひょっとしたら106.70あたりで利確の動きが出て反転してくるかもしれません。ヘッジファンドが大衆の裏をかいた動きをしてくるかもしれません。大衆投資家の買いポジションが集まったところで売り浴びせてくるかもしれません。

確かに何事もなく107円に到達するかもしれません。しかし、何かしら予期せぬ動きがあると思っていた方がいいでしょう。

「『かもしれない』ばかりではないか。大衆と同じ行動をして何がいけないのか?」とあなたは思ったかもしれません。でも、大衆は常に間違うのです。そして、「かもしれない」はしばしば現実になります。今自分が置かれている状況を100パーセント鵜呑みにするのではなく、疑ってかかることで、大衆と自分との間に明確な線引きができます。

他人と同じ行動をとることは確かに心理的に楽です。頭を使わないという意味で体力的にも楽です。しかし、あなたが自分にとって楽な選択肢を選んでいるとき、それは間違っているか、あるいは間違っている可能性が非常に高いのです。

 

哲学者に学ぶトレードの教訓

今『トレーディングエッジ入門』という本(いい本です。そのうちエッジの考え方について紹介する記事を書きます)を読んでいるのですが、哲学者セーレン・キルケゴールの言葉が引用されていました。孫引きになってしまいますが、いい言葉だったので紹介します。

真実は常に少数派の下にあり、少数派は常に多数派より強い。これは、通常少数派がしっかりとした意見を持つ者たちで形成されているからで、意見を持たない者たちの群れである多数派の力は幻想でしかない。多数派は、(少数派のほうが強いということが明らかになった)次の瞬間、少数派の意見を装おうとするが、真実は再び新しい少数派の下に移る。

トレードは常に少数派(マイノリティ)が勝つゲームです。多数派ではなく、少数派と同じ行動を率先してとったものが勝つ椅子取りゲームです。トレーダーは少数派でいる勇気をもたなければなりません。

日本人は海外の投資家からカモにされやすいと聞きます。これは、日本には空気を読む文化があり、みんなと同じ行動をとりたがる人が多いからだと思います。トレーダーであるということは独立した個人であるということです。常識を疑うことは時に困難ですが、その困難に立ち向かわなければ、収支はプラスになりません。

億トレの人は時折「投資はキツい」と枕詞のように言います。これは嘘ではありません。少数派であるしんどさが億を稼ぐ人たちにはあります。

その意味でトレードのしんどさを「正しいトレード」の目安にしてもいいかもしれません。いずれにせよ、「大衆と同じ行動をとった人から順に、マーケットから退場していく」ということを念頭に置いたトレード計画を立てることが重要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-思考法

執筆者:

関連記事

no image

相場は循環することを理解すると、収益が増えるかも

少しでも利益が出たり、少しでも逆行するとすぐに損切りをする人がいます。 でも、そういう人たちに欠けている視点は、「相場は循環する」という事実です。 「相場は循環する」と言っても、別にサイクル理論とかク …

no image

資金の減少が見えなくなるほどの情報に埋もれている人へ。情報を制限してトレードしよう

情報を集めることはFXにおいても重要ですが。情報を集めすぎることには害があります。 トレードを始めたばかりの頃は、右も左もわからないことだらけですから、初心者が情報を集めることを心がけるのは重要です。 …

no image

どうしてトレーダーはシンプルであることを嫌うのか?

「おしゃれは引き算」とよく言いますけど、トレードに関しても、シンプルであればあるほどよいと思います。「テクニカルを使わない」「安易にトレードをしない」という消極的な態度こそが正解です。ところが、投資家 …

no image

FXトレーダーは書くことで成長する

ここ1か月の間に、集中してブログを更新しました。「なんでこんな面倒なことしてんだろう?」と始めた当初は思ったんですけど、継続しているうちに、「自分はトレードについて何もわかっていなかったな」という …

no image

FXを始めて半年経った人に意識して欲しいたった1つのこと

FXを始めて半年ぐらい経つと変な自信が湧いてきます。 この時期になると、どんなテクニカルがあるかわかってきて、ローソク足の見方も何となくわかってきます。雇用統計のような指標も一通り経験し、指値とか逆指 …