MINIMALISM FX

FXに関する情報を掲載していきます。

メンタル

「FXに経済学は必要なのか?」という質問に答えてみる

投稿日:

FXに経済学は必要でしょうか?

僕も、初心者の頃、こういう疑問を持ったことがありました。

結論から言えば、必要ありません。長期であれば、若干の知識はあった方がいいのかもしれませんが、短期での売買なら全くいりません。

そんなことを考えるよりもさっさとトレードをしましょう。FXで行うトレードする中で考えることこそが、一番の経済学の学習になります。一年FXを続ければ、おそらくそこらの経済学部生よりは、経済に詳しくなれますよ。経済指標やら中央銀行の動向やらに気を配ることになりますし、各国の証券取引所の動きもトレードをしているうちに自然と身についてきます。

FXをしていて分からないことがあったら、その場でグーグルを使って調べればよいのです。運が良ければ、「ケインズが投資で破産した」という有り難い情報に出くわすこともできますよ(笑)。調べて自分で考えるうちに、自分にとって何が正解で、何が不正解なのかもわかってきます。

これは投資の大きな副産物です。トレードを通して、生身で経済を実感することで、既存の理論に対しても適切な懐疑心をもてるようになります。

 

もし経済学を学びたいなら

 

それでも経済学を学びたいというなら、古典派経済学ではなく、行動経済学や統計学を学ぶことをおすすめします。例えば、プロスペクト理論や偏差、大数の法則と言った知識を得ることはそれなりに投資にも役立つと思います。もちろん、これらの知識は鵜呑みにしてはいけませんが、ある程度の情報を得ることは、FXや投資について深く考える上で役に立ちます。

株とか不動産投資、競馬やポーカーのような、FXの隣接ジャンルについても学ぶのもいいと思います。鞘取りの技術なんかは、FXトレーダーからしても参考になります。競馬での勝ち方にもFXと共通するところがあります。

一度株でトレードしてみると、FXとの違いを比較してみることができるので、おすすめですよ。配当をもらうとうれしいですし(笑)。

 

なぜ古典派経済学はダメなのか?

 

ちなみに、「どうして古典派経済学でなく、行動経済学なのか?」と思った方もいるかもしれません。

古典派経済学は人間が合理的経済人であると定義しているのですが、それはちょっと違うと思うからです。チャートを見ていても明らかに非合理的な動きをすることがありますし、HFTに代表されるアルゴリズムのように、コンピュータがそれまでの裁量の場に介在する現状をみると、古典派で想定された理論はかなり現実から乖離しているのではないかと疑問に思うからです。

もちろん、「温故知新」という言葉もありますから、古典派の経済学について学ぶことは大切です。アダムスミスの「神の見えざる手」なんて、平均に回帰してくるチャートの動きを表現した言葉にも見えます。ただ初心者がやるべきこととして、経済学について学ぶなら、人間の不合理さを研究の対象とする行動経済学の方がベターだと思うのです。

 

実際にトレードしている人の意見をよく聞く

 

経済学を学んでいて、なおかつトレードをしている人の意見なら、傾聴に値します。この人たちは理論と実践のバランスがよいからです。

以前、効率的市場仮説について知りたくて、バートン・マルキールが書いた『ウォール街のランダムウォーカー』を読んだことがあります。確かに市場はランダムウォークしている場面もあると思いましたし、彼が書いた本もそれなりに評価を得ているのは知っていましたが、バートンマルキール本人が投資をしたことがないと知って、不信感が芽生えました。

マルキールはトレードをしたことがないのに、どうして自信満々で自説を主張できるのだろうか? と素直に疑問でした。

彼によると、相場は価格形成に必要な情報を事前に織り込むそうですが、それならどうやってアジア通貨危機やリーマンショックを説明するのかよくわかりません。トレーダーが成績において市場平均に打ち勝つのは不可能だそうですが、じゃあソロスのような大物投資家からBNFのような個人投資家まで、億万長者たちが存在する(市場平均に打ち勝った事例が存在する)理由をどう説明するのか不思議です。

これで彼がトレード経験豊富であれば、もっと信用していたかもしれません。自分の認識の方が間違っているとも思えたでしょう。でも、彼がトレーダーではなく学者であり続ける限りは、信用することはありません。そもそも効率的市場仮説も「仮説」に過ぎないですからね。

それよりなら、負けていてもいいので、FXで一度でもトレードをしたことがある人の話を信用したいところです。

 

何を学ぶにしても

 

ダラダラと書いてきましたが、結局のところ、何を学んでどう判断するかは、各人が決定していくしかないと思います。投資は自己責任ですし、(このブログも含めて)真偽が不明確な情報が巷には錯そうしているため、多面的に情報を仕入れて、自分で考えるしかないのです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-メンタル

執筆者:

関連記事

no image

FXでメンタルのことを考え始めた人へ

FXを始めて半年ぐらい経つと、メンタルが重要だということに徐々に気づいてきます。結局のところ、メンタルが安定せず、思うように収益を増やすことができないということがわかってきます。それで、メンタル問題に …

no image

ポジポジ病を克服する前に考えること

初心者のポジポジ病はオッケー だと僕は思っています。 「どうやらレバレッジというのは2から3倍がいいらしい」 「ドル円と円ドルって何が違うの」 「クロス円って何だ?」 「どるすとれーと?」 「資源国通 …

no image

ボリンジャーバンドの設定を気にする人へ

まだそんなことやってるんですか?(笑) 決して煽るつもりで書いているわけではないのですが、ボリンジャーバンドを設定したからと言ってあなたが勝てるようになるわけではありません。 いつも思うのですが、なぜ …

no image

欲が出てしまう原因

    「もっとお金が欲しい」「損を取り戻したい」という欲が出てしまうと、途端にFXで勝つことは難しくなります。 そこで、どうやって「欲を無くすか」が問題になるのですが、この「欲を …

no image

FXトレードをしているときに冗談でぼくがよくやること

FXで負けが重なると 「あー、俺ってFXの才能がないなあ」 「FXなんてやっぱり投資じゃなくてギャンブルだわこれ」 「相場がよくわからない・・・」 「上がるか下がるかなんてわかるわけない」(もちろんわ …