MINIMALISM FX

FXに関する情報を掲載していきます。

メンタル

FXでいう「守破離」と、次の段階へ移るための目安について

投稿日:2017年1月9日 更新日:

守破離が大事」というのはさまざまな分野で言われることですが、これはFXにおいても同様です。

最初のうち、初心者は自分のルールを定めて機械的にトレードします。「」の段階です。

次に自分なりにアレンジを加えてトレードをする「」の段階があります。

最後に、完全に独創的なスタイルでトレードをする「」の段階があります。

 

ここでひとつ疑問が浮かびます。

『守破離』それぞれの境界はどこにあるのか?」という問題です。

「いつ」「どのタイミングで」次のステップに移るのか?

 

「守破離が大事」という人は本当に数多くいるのですが、「一体どれぐらいの期間、その段階に留まるのか?」について答えてくれる人はいません。

例えば、「守」の段階はどのくらい続ければよいのでしょうか? 1か月か、3か月か、それとも半年ないしは1年でしょうか? 3年ぐらい続ければよいのでしょうか?

「守破離が大事」と言う人たちは、この点について明確なラインを引いていません。その点でけっこう無責任な言論が目立ちます。

この言葉を言われた方は、そもそも自分の学んでいる分野についてよくわかっていない人たちです。そのため、言われたことを素直に受け入れざるを得ないんですよ。

 

 

次のステップに移る具体的な目安

 

僕の意見ですが、「いつ次の段階へ進むか」という疑問に対して、次のような答えをもっています。

 

 

いま自分がやっていることに違和感を感じたら、次のステップへ進む

 

 

「違和感」というのは、「このやり方じゃあうまくいかないだろうなあ」「こんなことしても無駄」「ひょっとしたら、自分が間違っているのではなく、この本(ブログ・記事・アドバイス)の方が間違っているのではないか?」という不信感と言ってもいいかもしれません。

あるいは、「こうした方がうまくいくんじゃないか?」という改善案が浮かんだときが次のステップへ移るタイミングです。

例えば、損切りのことを考えてみてください。

ある初心者Aさんが、「損切りは15pips程度で設定しましょう」という助言をFXの入門書で読んで、その通りにトレードをしていたとします。ところが、このルールをしばらく守っても、損失ばかりが増えて、全く勝てるようになりません。

Aさんは、「15pipsでの損切り」に疑問を覚え始めました。そして、結局「損切り幅を100pipsにする」というルールを決め、トレードをしました。すると見事勝てるようになりました。

15pipsという損切り幅に違和感を覚えたところが、Aさんにとって次のステップへと移るタイミングだったのです。

 

自分のしていることに「モヤモヤ感」を覚えたら、それは自分からのシグナルと言えるでしょう。

前に「潜在意識の声を聴くのが重要だ」と書いたことがありますが、モヤモヤ感はまさに潜在意識からのメッセージであると考えてよいと思います。相場を生き抜くために、自分の精神状態に注視することは重要です。

また、普段のルール作りから日常生活に至るまで、トレード以外の場面においても気を配っておくことが必要です。

 

 

おわり!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-メンタル

執筆者:

関連記事

no image

FXに嫌気が差してイライラしている人は、一度FXを止めてみよう

FXで稼ぐどころか資金を散逸してしまい、イライラしている。 もしあなたがそんな心理状態にあるなら、すぐにFXを止めましょう。そうしなければ、さらに損失を招くことになります。 勝っているトレーダーと負け …

no image

「FXに経済学は必要なのか?」という質問に答えてみる

FXに経済学は必要でしょうか? 僕も、初心者の頃、こういう疑問を持ったことがありました。 結論から言えば、必要ありません。長期であれば、若干の知識はあった方がいいのかもしれませんが、短期での売買なら全 …

no image

社会不適合者がFXをやると稼ぎやすい理由

「どんな人がFXで勝てる?」 と誰かに聞かれたら、僕は「社会不適合者」と即答します。 FXは社会不適合者に向いたゲームです。9割の大衆と逆・常識と真逆を行ったら勝てるゲームなので、社会不適合者にはピッ …

no image

FXでメンタルのことを考え始めた人へ

FXを始めて半年ぐらい経つと、メンタルが重要だということに徐々に気づいてきます。結局のところ、メンタルが安定せず、思うように収益を増やすことができないということがわかってきます。それで、メンタル問題に …

no image

短期の視点しかもたないトレーダーは負ける

長期と短期の視点を合わせてもつことはFXでは重要です。 「トレードがうまくいかない」と考えるとき、ほぼ100パーセントの確率で、短期の視点のみをもち、長期の視点をもたないでトレードしています。 具体的 …