MINIMALISM FX

FXに関する情報を掲載していきます。

思考法

「損を出さない」というのが投資の本質だから、儲けようとしている時点で反省した方がいい

投稿日:

 

FXでどうしても勝てない人がやるべきことは、極めてシンプルです。損を出さないようにトレードすればいいのです

FXで負ける人の多くは、「勝とう」「儲けよう」と思ってトレードをしています。こういう思考の人から順に相場から退場していきます。確かにFXを副業や仕事・投資として見たとき、収益を上げるのは重要です。でも収益を上げるためには、儲けることを一度忘れてしまった方が成功率が上がります。

FXについて記事を書いてみて思うのは、結局、FXの本質が簡単だということです。いろいろと書いてきましたが、それは全て「損を出さない」という一言に集約できます。でも損を出さないというのが、FXでは一番難しいことなので、それを伝えるために手を変え品を変え、説明しているのです。

損を出さないためにはどうすればいいのか? この質問に答えるために、自分なりに観察したことをノートに書いたり、チャートを分析をしたりすることは大事です。投資家の仕事のほとんどは、損を出さないという目的のために行われていると言っても過言ではありません。

勝とうとする人の思考、損を出すまいとする人の思考

勝とうとする人はなぜ勝てないのでしょうか?

勝とうとする人はから行動しているからです。勝てない人は「そんなことわかっている」とみんな言います。ところが、本当には分かっていないから負けるんです。

欲をコントロールしなければ、投資は難しくなります。お金がもっと欲しいと思うと、相場の見極めがラフになり、冷静にトレードができなくなります。

逆に損を出さないように気をつけている人は何を考えているでしょうか? この人たちは、ポジション管理やストップの置き場所、投資のプランニングだけを考えています。ある意味で自分の欲には無頓着です。損が出てもどうでもいいし(これ本当です)、勝ったからと言って熱くなることはありません。

自分が欲を出しているかどうか見分ける方法は?

自分が欲を出しているかどうかは簡単に知ることができます。

  1. リスクにさらす資産を全体の1パーセント未満にしている
  2. トレード回数を自分の意思で自由にコントロールできる(ノートレの日があっても気にならない)
  3. ポジションは躊躇せず利確・損切りができる
  4. 正直に言って、お金に困っていない(余裕資金だけでトレードしている)
  5. 自分のトレードに迷いはないと自信をもって言える

全てにチェックがつけば、おそらく欲はコントロールできています。ひとつでも当てはまらないものがあったら、欲が出ています。「どこかで見たことがあるようなことばかり書いているじゃないか」と思ったかもしれません。でも結局のところ、本質を突き詰めたら誰だって同じことを言います。聖杯探しをしても、同じ言説にぶち当たるだけです。いくらネットを探しても、何冊本を読んでも同じです。だからこれらを受け入れるしかないんです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-思考法

執筆者:

関連記事

no image

すぐに億万長者を夢見ることがどれだけ馬鹿らしいかは、他の分野を見ればわかる

投資というのは不思議なジャンルです。どこが不思議かというと、投資に参入してくる人たちが一番に考えるのが、手っ取り早く億万長者になることだからです。でもよく考えてみると、これはとんでもないことだと分かり …

no image

あなたがFXトレーダーに向いているかどうか試してみる

USD/JPYで現在の価格が1ドル=106.45円だとしましょう。つい2日前までは1ドル=105.12円でした。数日間にわたって続いた膠着状態を抜け、強い上昇トレンドができています。ツイッターや2ch …

no image

相場は循環することを理解すると、収益が増えるかも

少しでも利益が出たり、少しでも逆行するとすぐに損切りをする人がいます。 でも、そういう人たちに欠けている視点は、「相場は循環する」という事実です。 「相場は循環する」と言っても、別にサイクル理論とかク …

no image

どうしてトレーダーはシンプルであることを嫌うのか?

「おしゃれは引き算」とよく言いますけど、トレードに関しても、シンプルであればあるほどよいと思います。「テクニカルを使わない」「安易にトレードをしない」という消極的な態度こそが正解です。ところが、投資家 …

no image

FXを始めて半年経った人に意識して欲しいたった1つのこと

FXを始めて半年ぐらい経つと変な自信が湧いてきます。 この時期になると、どんなテクニカルがあるかわかってきて、ローソク足の見方も何となくわかってきます。雇用統計のような指標も一通り経験し、指値とか逆指 …