MINIMALISM FX

FXに関する情報を掲載していきます。

ルール

「ポジションをもつのは1日1回だけ」と決めて1年トレードをしてみると利益が増えやすい

投稿日:2017年1月17日 更新日:

以前ポジポジ病の話を書いたときに、「初心者はポジポジ病になってもいい」と書きました。

今回はそれと矛盾するのですが、「トレード回数をむやみに増やさない」ことの利点について書いてみたいと思います。しばらくFXをしているけど、全くポジポジ病が治らないという人は参考にしてみてください。ポジポジ病が治るということは冷静でいられるということであり、結果としてFXで利益が出やすくなります。利益が出ると余裕が生まれ、さらにトレードに対して冷静になります。あなたがFXを通して実現したい目標も達成しやすくなります。

 

ポジションを持つ回数を1度に減らすメリット

 

ポジションをもつ回数を1度に減らすメリットは次の2つになります。

ひとつにはトレード回数が減ることで、感情の起伏に対処しやすくなります

立て続けにトレードをしていると、トレードに興奮するようになります。初心者はこの感情に対処できず、理性よりも感情でトレードをしがちです。トレードをしているつもりがいつの間にかギャンブルになっているのです。損失が出ても、興奮して我を忘れているので、「大丈夫、戻ってくる」という根拠のない自信を抱いてしまいます。

結果的に損切りのタイミングを逃して、大損失を被ってしまいます。

もし1日1度のトレードに留めれば、トレードに熱狂する前にストップできるため、ポジポジ病にかかりにくくなります。

感情を制御できるとトレーダーとして一皮剥けるので、一度回数を減らしてみることはおすすめです。

 

 

もうひとつには、トレード回数が1回になることで、資金管理とトレードの検証がしやすくなります

ポジポジ病にかかっていた頃、「トレードのノートを取った方がいい」とアドバイスを本で読み、トレードの記録をつけ始めました。でも、ポジポジ病にかかっていると、資金管理がとにかく面倒くさいんです。トレード回数が多いため、その分記録と検証の量も増えます。日によっては30回もトレードをしている日がありました。しかもそのほとんどが損失だったので、記録をつけているうちにげんなりしてきました(笑)。

その後トレードの回数を(ここで提唱している1回ではありませんが)多くても3回程度に減らしました。すると、トレードの記録を取るのが楽になり、検証の質は上がりました。検証の数が多いとひとつひとつの検証尾が適当になりがちです。反対に、トレード回数を減らすと、丁寧な検証をするようになります。検証の質が上がると、それがトレードにも反映され、トレードの質も上がります。好循環が出来上がるのです。

 

ポジポジ病の克服は初心者脱却の鍵

 

トレードが成長したとき、微益ながらプラスで毎月終えられるようになったときにどんな変化があったかを振り返ってみると、ポジポジ病を脱却できたことが大きな理由だった気がします。ポジポジ病を脱却しても、次にこなさなければならないステップがまだいくつもあります。ポジポジ病を克服すると、次のステップにも余裕が持てるようになります。

ポジポジ病を克服するために、ありとあらゆる手を使うべきです。

基本的な戦略としては、前に書いたように、トレード回数を極限まで増やして量質転化させる方法と、今回紹介したように、極限までトレード回数を減らす方法があります。どちらでもいいですが、中途半端はよくないです。どちらかに方針を絞ってトレードをした方がよいでしょう。

資金の面から考えると、トレード回数を減らす方法を取りたくなりますが、資金にダメージをもらい続けることで自分が変化することもあるので、どちらが大事とはなかなか言い難いです。自分の性格やトレードスタイルも含めて考えるべきでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-ルール

執筆者:

関連記事

no image

証拠金に合わせてポジションサイズを決めていませんか?

あなたはいくら証拠金がありますか? 500円ですか? 5万円ですか? 50万円ですか? いくらでもいいんですけど、その金額は全て失っても構わないお金ですか? 「失っても構わない」と言えるなら、この先は …

no image

ルールを途中で変えるといつまでも稼げない理由を説明してみる

中高生の頃、「ルールをしっかりと守れ」と学校の先生によく言われました。FXでも同様に「ルールを守れ」と多くの人が行っています。学校の場合、ルールを破れば、先生に怒られ、FXでは資金を喪失します。 でも …

no image

「勝ちパターン」は「必勝パターン」ではないので注意しよう

投資をしていると「勝ちパターン」という言葉をよく聞きます。 知らない方のために話しておくと、「勝ちパターン」というのは伝説のディーラー・チャーリー中山さんが言った言葉です。 チャーリー中山さんについて …

no image

FXでありがちな「いくらあれば稼げるのか?」という疑問について

FXで初心者が抱きがちな疑問の一つに「いくらあれば、FXで稼げるのか?」というものがあります。似たような質問で、「いくらから始めるべきか?」「いくら証券会社に入金すればいいのか?」というものもあります …

no image

FXで何度も試行してデータを集める意義

あなたが何か、ルールを作ることができたとしましょう。 それで、次にデータ集めをするとしましょう。 このとき、データ集めの最中に余計なことを考えてしまうことがあります。 全然金が増えない、むしろ減ってい …