MINIMALISM FX

FXに関する情報を掲載していきます。

思考法

資金の減少が見えなくなるほどの情報に埋もれている人へ。情報を制限してトレードしよう

投稿日:2017年1月12日 更新日:

情報を集めることはFXにおいても重要ですが。情報を集めすぎることには害があります。

トレードを始めたばかりの頃は、右も左もわからないことだらけですから、初心者が情報を集めることを心がけるのは重要です。しかし、半年とか1年FXを続けた後でも、最初の頃と同じように情報を集めているなら、事情は違ってきます。

 

あなたは情報コレクターになりたいのか、それともトレーダーになりたいのか

情報を集め続けることでトレードが上達すると考えている人がいますが、トレードは、それほど簡単なものではありません。情報収集はあくまで第一段階です。次にやるべきことは、実際に何度もトレードをしてみることです。

正しい知識それ自体は、無駄な損失を減らし、どこに気を配ってトレードすればよいのかをあなたに教えてくれます。ただ、トレードは、「ある場面で反射的かつ正確に体が動くか?」という身体的な側面もあるので、知識だけでどうにかなるものではありません。

中年の自称トレーダーの中には、投資セミナーのような勉強会には顔を出すものの自分では一切トレードをしたことがないという人がけっこういるそうです。トレーダーはトレードをすることによってのみトレーダーなのであって、勉強をすることによってトレーダーになるのではないということをしっかりと認識しておくことが大切です。

情報を集め続けるだけの人は「情報コレクター」であり、「トレーダー」ではありません。あなたはどちらになりたいのか考えてみてください。

 

情報を集め続ける人の心理

 

情報を集め続ける人の心理には、「情報を数多く集めた方が勝てる」という間違った固定観念があります。自分が知らないことがあると、不安になるのが人間です。ましてやツイッターやフェイスブックのようなSNSをやっていると、RSIで勝ったとか、EMAは200がいいとか、グランビルの法則がどうだとか、ダウ理論だけで勝てるとか、ありとあらゆる情報が流れてきます。

こうした情報は半信半疑で聞き流してもいいと思うのですが、情報を持たないことが不安な人だと、これらの情報に反応して、グーグルを永遠にさまようことになります。

FXで重要なのは、自分のルールを決めて、そのルールにしたがって、トレードをすることです。情報はルールを補強するため、ルールを決定するために使うべきです。情報集めに勤しむことは、これと真逆のことです。「全てを知っていなければ、FXでは勝てない」という誤った思い込みは、あなたの運用成績を最悪のものにしてくれるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-思考法

執筆者:

関連記事

no image

FXを始めて半年経った人に意識して欲しいたった1つのこと

FXを始めて半年ぐらい経つと変な自信が湧いてきます。 この時期になると、どんなテクニカルがあるかわかってきて、ローソク足の見方も何となくわかってきます。雇用統計のような指標も一通り経験し、指値とか逆指 …

no image

FXトレーダーは書くことで成長する

ここ1か月の間に、集中してブログを更新しました。「なんでこんな面倒なことしてんだろう?」と始めた当初は思ったんですけど、継続しているうちに、「自分はトレードについて何もわかっていなかったな」という …

no image

もしお金が増えなくてもトレードをするか

誰でもFXはお金を増やすためにやっていると思いますが、仮にFXで勝っても負けてもお金が増減しない世界にあなたがいたとしても、トレードをするでしょうか?   僕は迷わず「yes」と答えます。と …

no image

相場は循環することを理解すると、収益が増えるかも

少しでも利益が出たり、少しでも逆行するとすぐに損切りをする人がいます。 でも、そういう人たちに欠けている視点は、「相場は循環する」という事実です。 「相場は循環する」と言っても、別にサイクル理論とかク …

no image

すぐに億万長者を夢見ることがどれだけ馬鹿らしいかは、他の分野を見ればわかる

投資というのは不思議なジャンルです。どこが不思議かというと、投資に参入してくる人たちが一番に考えるのが、手っ取り早く億万長者になることだからです。でもよく考えてみると、これはとんでもないことだと分かり …