MINIMALISM FX

FXに関する情報を掲載していきます。

メンタル

稼ぐ手段は他にもたくさんあるのに、どうしてFXで儲けようとするのか? 

投稿日:

FXをする人たちは、稼ぐためにFXをしていると思います。だけど、お金を稼いでどうするのでしょうか?

トレーダーにありがちな間違いのひとつは、FXをする目的が「お金を稼ぐこと」であると思ってしまうことです。しかし、これは本当の目的ではありません。お金を稼ぐのは、あくまでも目的を達成するための手段です。

FXをする本当の目的は、「稼いだお金で何かをすること・何かを実現すること」です。

  • 海外旅行をして、面白いものをたくさん見たい
  • サービス残業とは無縁の生活をしたい
  • いつでもどこにでも行ける自由を手に入れたい
  • 毎日暇な時間を過ごしたい
  • お金の心配や不安がない生活を送りたい
  • 病気を治すためにお金を稼ぎたい
  • 家族を幸せにするためにお金を稼ぎたい
  • 他人との交流を増やしたい
  • FXで増やしたお金を、子どもの頃からの夢を実現するための軍資金にしたい

お金は最終的には別の価値に変わっています。それは自由や幸福・自己肯定感と関わるものです。人間は、お金だけで生きていけるわけではありません。

ぜひ考えて欲しいのは、お金を稼ぐ手段はFXだけではないということです。他のビジネスや副業でお金を増やすことだってできます。お金を増やす手段をFXだけに限定してしまうと、どうしても心理的に苦しくなります。

目的が達成されさえすれば、手段は何だっていいのです。幸せや自由を手に入れるためのルートはひとつだけではありません。

例えば、フリーターやニートの人の中には、ろくにお金がないにも関わらず、FXに取り組んでいる人が多いようです。彼らがなんとしてもFXだけで収益を上げようとしているのを見ると、「この人たちがFXをする目的はどこにあるのだろう?」と思います。「働きたくない」という目的があってFXに取り組んでいるのかもしれませんが、アフィリエイトやせどりなど、稼ぐ手段は他にもたくさんあるのに、と思ってしまいます。つまり「働かないで済む生活」は、別の手段によっても達成できるということです。

トレーダーは規律を守って行動します。その意味で頑固であることが重要と思われがちです。しかし、柔軟性俯瞰性はいつでももち合わせていなくてはいけません。視野の狭さは、人生における他の可能性(FXでうまくいかなくても、他のビジネスで儲けられる可能性)を潰してしまうかもしれません。

FXトレーダーは、世界で一番稼ぐのが難しい職業のひとつです。目標達成のためのハードルを自分で上げる必要はありません。もっと簡単に稼ぐ手段はいくらでもあります。

「目的が達成できるのなら、手段は何だっていいじゃん」と少々なげやりに考えることも、ときには必要なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-メンタル

執筆者:

関連記事

no image

シグナルが出たら、すぐトレードせず、差異を見つける

テクニカルを使ったり、罫線を引き始めたばかりにはわからないのですが、トレードに慣れてくると、テクニカルやフラッグ・ペナントのシグナルの中に細かな違いを見分けるようになります。どういうことかというと、例 …

no image

トレーダーになろうとするのと、トレーダーであることは違う

スポーツや仕事、勉強に共通することは何でしょうか?       それは「習うより慣れろ」です。         人に教わっているだ …

no image

欲が出てしまう原因

    「もっとお金が欲しい」「損を取り戻したい」という欲が出てしまうと、途端にFXで勝つことは難しくなります。 そこで、どうやって「欲を無くすか」が問題になるのですが、この「欲を …

no image

社会不適合者がFXをやると稼ぎやすい理由

「どんな人がFXで勝てる?」 と誰かに聞かれたら、僕は「社会不適合者」と即答します。 FXは社会不適合者に向いたゲームです。9割の大衆と逆・常識と真逆を行ったら勝てるゲームなので、社会不適合者にはピッ …

no image

「FXに経済学は必要なのか?」という質問に答えてみる

FXに経済学は必要でしょうか? 僕も、初心者の頃、こういう疑問を持ったことがありました。 結論から言えば、必要ありません。長期であれば、若干の知識はあった方がいいのかもしれませんが、短期での売買なら全 …